見届けることは大切な役割

長く寄り添ってきた利用者さんの看取りは家族や周りに人だけでなく、医療者にもある種の喪失感をもたらすことで、それが積み重なると疲弊してしまったりすることもあるものです。
在宅医療の一環で訪問看護を初めておこなう多くの看護師は不安を抱えています。
理由は病院ではなく、在宅介護者の自宅に週に1回から2回程度通うのが通常ですから、常にみることができないからです。
しかし、そもそも24時間管理すること自体が無理な話で、生を受けてから死ぬまでなんらかに管理されて人間は生きていません。
病院に勤めてきた看護師にとっては常に管理することを学んできたからこその不安なのです。
在宅介護者への訪問看護師の仕事とは在宅生活を管理することではなく、生きていくためのお手伝いをすることで、その人らしく生きていけるように一緒に考えていくことが大切になります。
また、看取りの機会も増えることから心への負担も増えてしまうことになりますが、見届けることも大切な役割の一つで、いろいろな人生を歩んできた人の最後を手伝えることよかったと考えることも大切です。

即日融資可能な消費者金融

京都で1ヶ月以内にお見合い

2ちゃんねる 削除

クレジットカード現金化で借金返済

早期学習で勉強効率アップ

最新投稿

  • 医療職との連携のためにケアマネがおさえておきたい知識

    介護サービスの利用者を理解するために、あるいは医療職との連携のために押さえておきたい、病気や薬の知識 …

    続きを読む...

  • 医療との連携はどうして必要か

    ケアマネージャーは多彩なニーズをもつ利用者を取り巻く環境などの要因について適切かつ的確にアセスメント …

    続きを読む...

  • 介護施設で医療は受けられるか、受けられないか

    介護というと、大体の方が初めて直面するのは自分の親からだと思います。
    高齢社会の現在、介護施設 …

    続きを読む...

  • 生活の視点から医学知識を理解する

    医療職と介護職が連携するには、医療機関の種類や機能、治療や保険制度といった、医療側の事情に関する知識 …

    続きを読む...

お知らせ